NHKドラマ「DOCあすへのカルテ」6話『岐路』での名言が良かった!

DOCあすへのカルテ 名言 ドラマ

日曜夜放送のNHKドラマ「DOCあすへのカルテ」がめちゃ面白いと評判です。

私も第1話から視聴していますが、めちゃ浜(ハマ)っています。

このドラマの前に放送していた「アストリッドとラファエル~」もかなり面白かったのですが、ひょっとしたらこっちの方がさらに面白いかもと思ってしまうほどです。

 

ところで、主人公のアンドレア・ファンティですが、病院では患者や元部下たちに「ファンティ先生」と呼ばれています。

この「ファンティ先生」の「ファ」が「パ」に聞こえてしまうのは、私だけでしょうか?(笑)

すみません、話が脱線してしまいました(;’∀’)

 

さて、この「DOCあすへのカルテ」を見ていると、ドラマ中に、「ん、このセリフいいなぁ~」と思う、いわゆる名言があります。

第6話「岐路」の中で私の心にジーンときた「名セリフ・名言」を紹介します。

スポンサーリンク

DOCあすへのカルテ 名言・名セリフ

第6話「岐路」は今まで見ていた中で重要な回でした。

その中で、このセリフ、名言だなぁと思ったシーンを紹介します。を。

少々ネタバレがありますのでまだ見ていない人はご注意を。

後悔するよりはマシだ。人は失敗の繰り返しだ。

アンドレアが、ギリギリのところでリックは減圧症である事をつきとめる。一命は取り留めたものの、右足を切断することとなってしまった。

術後目が覚めると足が無くなったことに初めて気づいたリック。

病室で嘆き悲しみ、そこに母リディアが現れ抱擁する。

 

そこにマリアが来院するが、リディアを怖れて、病室に入れずにドアの前でたたずんでいる。

(マリアはリックと血のつながらない姉。両親に内緒で愛し合っていた)

病室からでてきたアンドレアが、マリアと出くわし彼女と言葉を交わすシーン↓

DOCあすへのカルテ 名言 岐路

NHKドラマ「DOCあすへのカルテ」より

アンドレア 「早く行ってあげたら?」

マリア 「入れない。リディアに恨まれてる。当然だけど。」

アンドレア 「病人はリックだ。大切なのはリディアよりリックだろ。人生を変えるような手術を受けた。でも 生きてる。リック自身は変わらない。そばにいてやれ。」

マリア 「・・・」

アンドレア 「簡単ではないがそれでも 後悔するよりはマシだ。人は失敗の繰り返しだ。行って。」

DOCあすへのカルテ 名言 岐路

NHKドラマ「DOCあすへのカルテ」より

「DOCあすへのカルテ」より

 

もし君が歩けないなら 飛べ!

リックが退院する頃、アンドレアから貰ったプレゼントの箱を開け、メッセージと片足のないヒーローの人形を嬉しそうに見つめるシーン。

DOCあすへのカルテ 名言 岐路

NHKドラマ「DOCあすへのカルテ」より

DOCあすへのカルテ 名言 岐路

NHKドラマ「DOCあすへのカルテ」より

何とも心温まるメッセージで、粋なプレゼントでした。このシーンには涙がこぼれそうになりました(T_T)

「DOCあすへのカルテ」過去の放送・見逃し配信を観るには?

NHKプラスに入っていれば、無料で視聴できます。ただし放送後1週間以内です。

それ以前の放送の回については、今のところ(2022年11月現在)動画配信サービスはやっていません。

また、DVDも日本語吹き替え版や日本語字幕のものがありません。

しいて言えば、アマゾンの輸入盤DVDが購入できますが、なぜかシーズン2しか見当たりません(シーズン1は売り切れ?)。輸入盤のためか日本語字幕、吹き替えともにありません。

≪「DOCあすへのカルテ」こちらの記事もどうぞ≫

DOCあすへのカルテ感想は?簡単なあらすじと主なキャスト・プロフ!
10月9日(日)より、NHK総合テレビ日曜の夜11時「DOCあすへのカルテ」の放送が始まりましたね。 先週まで「アストリッドとラファエル~」を見ていて、私的にはドハマリ。毎週楽しみにしていたので、終わってしまいロスになっていたところで...
DOCあすへのカルテ全何話?シーズンは幾つまで?各回のタイトルは?
「DOCあすへのカルテ」がメチャ面白いです。 NHK総合テレビ・日曜の23時枠で放送されている海外ドラマ。 10月9日からスタートして、現在、11月27日(2022年)時点で第6話が終了したところです。 さて、この...

あとがき

今回の記事では第6話「岐路」で出てきた名言・名セリフを紹介してきました。

今後も「これは!」という名言・名セリフがあったらぜひ紹介していきたいと思います。

今後の「DOCあすへのカルテ」の展開がとても楽しみなところですね。

それでは(^^)/~~~

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました