プロテインバー食べるタイミングはいつが効果的?

プロテインバータイミング

プロテインバーって、どのタイミングで食べると効果的なの?

そんな疑問、持っている人結構いるかもしれません。

プロテインバーをタイミング良くたべることで、より良い効果を発揮したいですよね。

逆に変なタイミングで食べてしまえば、太ったり、思うように筋肉が付かなかったりとか、残念な結果になってしまうかもしれません。

 

それでは、どんなタイミングでプロテインバーを食べるのがおすすめなのか見ていきましょう。

 

プロテインバーの食べるベストタイミングとは?

ズバリ、

  • 筋トレ直後
  • 食事と食事の間のおやつとして
  • 朝食代わりに食べる

のが、僕のおすすめベストタイミングです。

では、順番にそのタイミングがなぜ良いか説明していきますね。

 

筋トレ直後

自宅トレ

厳密にいうと、筋トレ後30分以内にプロテインバーを食べるのがおすすめです。

筋トレ直後の筋肉は、ダメージを受けていて修復するために栄養(タンパク質)をとても欲しています。このタイミングは「ゴールデンタイム」と呼ばれ、まさにタンパク質を摂るのに絶好のタイミング。

ちなみに、筋肉を付けるためには、1回あたりタンパク質20~30gを摂ることが理想です。プロテインバーのタンパク質量も色々あるので、あなたに合ったプロテインバーを選んでください。

プロテインバーを選ぶ参考にこちらの記事をどうぞ↓

プロテインバーおすすめ厳選10品はコレ!目的別ランキングもしてみました

 

食事と食事の間

プロテインバーいつ食べる

間食、おやつとして、朝・昼・夜ごはんのちょうど間ぐらい、食間3時間ぐらい空いたタイミングで食べるのがベストタイミングです。

3時間間隔で摂ることで安定的に身体にタンパク質を補給できます

 

また、間食することで、1日当たりにタンパク質を摂るタイミングを増やせます。

タンパク質は、1度の食事で吸収できる量に限界があり、1食あたり20~30gが理想と言われています。

筋肉を付けたい場合、「体重×2g」のタンパク質を摂るのが理想。

例えば体重60kgの場合、1日あたり120gのタンパク質が必要。

120g÷(20~30g)=4~6回となり、3回の食事では足りないからです。

 

間食・おやつにあなたに合ったプロテインバーを↓

プロテインバーおすすめ厳選10品はコレ!目的別ランキングもしてみました

 

朝食に

朝食

朝の時間が忙しく、高タンパク質な朝食を作るのは無理という人、または、毎日トーストとコーヒーだけという人におすすめです。

トーストとコーヒーだけという場合、ほとんどタンパク質は摂れていないだけでなく、トーストはほとんど炭水化物なので、ダイエットにもあまり向いていないことに。

プロテインバーなら、調理の手間もなく手軽にタンパク質が摂れるのでおすすめです。

朝は1日の始まりなので、カロリーも気にせず食べ応えのあるプロテインバーを食べるのがおススメです。

プロテインバーおすすめ厳選10品はコレ!目的別ランキングもしてみましたの記事内、「食べ応えが欲しい!ランキング」のプロテインバーがおすすめです。

 

おすすめじゃないタイミングは?

寝る

逆に、プロテインバーを食べるのにおすすめでないタイミングがあります。

それは、就寝前です。

就寝前は、後寝るだけなのでエネルギーの消費は日中より少なく、余分な脂質・糖分・カロリーは太る原因になってしまいやすいためです。

 

あと、間食でとる回数を4回以上などはタイミングとして多すぎでおススメではありません。

また、間食を間隔が短かすぎるタイミング(1時間間隔にするなど)はおススメできません。

 

胃腸に負担がかかりすぎることになり、吸収力も落ち、健康に悪くタンパク質も無駄になってしまい負のスパイラル状態になってしまう恐れも。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

プロテインバーを効果的に食べるタイミングとしては

  • 筋トレ直後(30分内)
  • 間食として
  • 朝食(高タンパクな朝食を用意できる人は別)

がおすすめでした。

 

また、おすすめでないタイミングは

  • 就寝前
  • 間食の間が短すぎ
  • る間食の回数が多すぎる(4回以上)

でした。

就寝前は、余分な脂質・糖分・カロリーを摂ってしまいがちになり、太りやすい。間食が間隔が短すぎたり、回数が増えすぎると胃腸に負担がかかってしまい健康にも悪く、タンパク質の吸収力も落ちてしまうためでした。

以上で、「プロテインバー食べるタイミングはいつが効果的?」でした。

それでは、P.B.T.(プロテインバー・ベスト・タイミング)を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました