【上腕二頭筋】これは効く!インクラインダンベルカールの正しいやり方

インクラインダンベルカール

男性なら、「モリッとした力こぶ」って憧れますよね!

しかも、女性から見ても、「上腕二頭筋」は男性の筋肉の中で特にセクシーと感じる部位だそうです。

 

さりげなくTシャツから出た逞しい腕に、キュンとしちゃう女子が多いんだとか。

ますます、鍛えがいアリですね!

 

さて、そんな上腕二頭筋ですが、鍛える種目が幾つかありますが、

中でも、特に上腕二頭筋に効かせやす筋トレメニューがあるんですよ。

 

僕が筋トレを始めた頃は、上腕二頭筋を鍛えるのに、ダンベルカールばかりやっていました。

筋トレ慣れしたせいか、筋肉痛になりにくく効いてるのかわからない時期がありました。

その時「インクライン・ダンベルカール」を試しにやってみたんです。

 

うぉ~、これメッチャ効くやん!

って感じで、それから気に入って、最近ではよくやっています。

 

より上腕二頭筋に効かせたいという人に、ぜひおすすめしたい筋トレメニューです。

ちなみに、形・ピークを作るなら、「コンセントレーション・カール」という種目が効果的でおススメです。

 

はい、それでは今回は上腕二頭筋に効く筋トレメニュー「インクライン・ダンベルカール」の正しいやり方を紹介していきマッスル~!

 

インクライン・ダンベルカールのやり方

初心者の人が間違えやすいポイントも解説してますので、参考にどうぞ。

 

インクラインダンベルカールの注意点

  • 肘の位置を動かさない。反動で挙げない。
  • ベンチは45度ぐらい。(ケガの原因にもなるので寝かし過ぎないように)

インクライン・ダンベルカールのための筋トレ器具

  • ダンベル(可変式がおすすめ)
  • アジャスタブルベンチ

 

ダンベルをまだもっていない方はこちらのコスパ最強可変式ダンベルがおすすめです↓

コスパ最強の「可変式ダンベル」おすすめの3製品を比較してみた!
これから自宅で筋トレに励もうと、可変式ダンベルの購入を考えているあなた。 ダンベルがいっぱいありすぎてどれが良いのか、困っていませんか? コスパを重視したい! 値段が安くても、しっかりと筋肉を鍛えれる可変式ダンベル...

 

アジャスタブルベンチがまだの方は、僕が使っているこちらのトレーニングベンチがおすすめです↓

家トレに絶対ほしい筋トレ器具トレーニングベンチ!特に角度可変式がおすすめ!
僕の経験上、自宅筋トレに揃えたい器具でNO.1は、やはり ダンベル! ですが・・・ じゃ、その次はと聞かれたら トレーニングベンチ! と答えます。 「大胸筋」「上腕二頭筋」「上腕三頭筋」「...

 

インクラインの意味は?なぜ、効きやすいの?

「インクライン」なんて言葉、日常生活ではほとんど使わないですが、そもそもどういう意味なんでしょうか?

インクラインとは?

トレーニングメニューで「インクライン○○」というと、

角度をつけて行う種目になります。

英語の意味は「傾斜」。

 

また、「デクライン○○」になると、インクラインとは反対に角度を付けるトレーニングになります。

画像で見るとわかりやすいと思います。

 

インクラインはこんな感じ↓(画像はインクライン・ダンベルプレス)

インクライン

デクラインはこんな感じ↓(デクライン・ダンベルプレス)

デクライン

画像ではダンベルカールではなく、ベンチプレスを例にしました。(デクライン・ダンベルカールというのが無いので)

 

なぜ、インクラインだと効くの?

インクライン(上体を傾ける)させることで、上腕二頭筋がよりストレッチ(伸ばした状態)した状態で鍛えるため、より効きやすいんです。

 

例えば、上腕二頭筋が筋肉痛の時に、肘を後ろに引いてみると、わかりやすいですよ。

肘を引けば引くほど、筋肉がストレッチされるため、筋肉痛の痛みが大きくなっていきます。

 

インクライン・ダンベルカール まとめ

はい、インクライン・ダンベルカール、いかがだったでしょうか?

 

まだ、ダンベルカールしかやったことがない人は、上の動画を参考に一度やってみてください。

次の日に、イイ~感じの筋肉痛がくると思いますよ~(^^♪

その時に肘を後ろに引いてみてください、上腕二頭筋がストレッチされ、筋肉痛をより感じることができます。

 

あっ、ちなみに筋肉痛が残ってるときは、筋トレはやらないようにした方がいいですよ。筋肉を傷めてしまうことになりかねません。(筋肉痛のある時はどうすれば・・・の記事を参考にどうぞ)

 

以上、【上腕二頭筋】これは効く!インクラインダンベルカールの正しいやり方でした。

それでは、上腕二頭筋に良い刺激を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました